Y-14 写真撮影紀

■使用機材 Nikon D750 Nikon D7000 ■被写体 メイン:東京都の風景・建物 サブ:東海・関東地方の風景など アドバイス・コメント・相互リンク・トラックバック大歓迎です。 このブログの写真を無断で二次使用、転載することは禁止です。使用したい場合は連絡をください^^/

2014年10月

Norikura1020-3015
撮影時:10月中旬 撮影場所:岐阜県高山市丹生川町・乗鞍岳
D7000 TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B003)

これだけ見ると、いったいどれだけ登ってきたんだと、長い道のりだったんじゃない、と。

そんなこと言われると実は車でここまで着ましたなんて言えなくなるじゃないかと。
日本でもっとも簡単に登れる3000m級の山、乗鞍岳です。

「壮大な風景が見たい!それも簡単に!」というわがままが叶えられる最高のスポットです。

写真に写っているのは乗鞍スカイラインです。
雲海が下に見えて、遠くにはアルプス山脈や御岳が見えたりと絶景が続きます。

cosmos-0496
撮影時:10月下旬 撮影場所:三重県多気郡明和町・コスモス
D7000 AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

道沿いにコスモスが綺麗に並んでいたので、横から撮りました。

この日は、快晴で青空もとてもよく澄み渡っていて綺麗でした。
気温も暑くもなく寒くもなく、適温ぐらいだったので、
一年中このぐらいの気温だったらなぁと思います。

これを人に言うと「紅葉とか撮れないよ?」とか言われて、あっさりと論破されるわけですが。
…まぁ悔しいですが、その通りなんですよね^^;

train-0354
撮影時:10月下旬 撮影場所:三重県多気郡明和町・近鉄線
D7000 TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B003)

2013年に登場した、伊勢志摩を走る特急列車「しまかぜ」です。
運転席越しに見えるパノラマが爽快だったり、個室があったりと娯楽向けの電車ですね。

アーバンライナーをはじめ、色々なコンセプトで新しい車両を出してくるので、
見ていて飽きないです。

Norikura1020-3306
撮影時:10月中旬 撮影場所:岐阜県高山市丹生川町・乗鞍岳
D7000 TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B003)

乗鞍岳の頂上から見る、御岳山です。
去年の今頃の撮影です。

9月末の噴火は驚きました。
犠牲となった方も多く、まずはご冥福をお祈りします。
たまーに火山帯に行ったりした時に今噴火したらどうしようかと考えることがありますが、まさにそれが起きてしまったといわんばかりの出来事でしたね。
マグマ性の噴火と水蒸気爆発によって起こる噴火があるそうで、今回は後者だったようです。水蒸気爆発はマグマの熱で温められた水分が爆発して起こる噴火のようで、前兆がほとんどないんだとか。


わりと近くにあるように見えますが、直線距離で25kmほどあります。
壮大なスケール感ですね。

さて、御岳のふもとには自然湖だとか、開田高原といった、
お気に入りの撮影スポットがちらほらとあります。
自然湖はかなりの山奥にある湖で、枯れ木が神秘的です。
開田高原は爽快ですね。まさに避暑地という感じで緑いっぱいの高原です。
馬が放牧されていたりします。



はじめに

富士山の撮影スポットの中でも比較的簡単に撮れる撮影スポットの様子やアクセス方法を解説するコンテンツです。
実際に自分の足で行ってたしかめたことを記述していこうと思います。

かなーり長い期間で随時更新していこうと思いますので、最初はスポットが少ないとは思いますが、いつの間にか増えてるって感じだと思いますので、定期的にチェックしていただくとか富士山に行く前にチェックしていただければと思います。



目次

■峠
新道峠
御坂峠

■湖
本栖湖


地図

富士山周辺のスポットをまとめた地図です。
ご活用ください。




Fujisan-Shindotoge1012-3657
新道峠第一展望台


Fujisan-Shindotoge1012-3742
新道峠第二展望台


■写真の解説
上の写真は第一展望台から見た富士山、下の写真は第二展望台から見た富士山です。
見晴らしが良いのは第一展望台ですが、撮影スポットとして人気なのはどちらかというと第二展望台でしょうか。
第二展望台は富士山の左側から太陽がのぼってくると思われるので、夜明け前に行ってのぼってくる太陽とそれに照らされる富士山を狙いたいですね!


■アクセス
河口湖の北側を走る県道21号線(湖北ビューライン)より県道719号線に入って北上。
トンネルを抜けて二本目の細い道を右折します。路面がガタガタしているので注意しましょう。
黒岳のほうへ車を走らせ、すずらんの群生地を通り抜けると分岐点があるので右折します。
悪かった路面が綺麗になり、少し進むと駐車場があります。

駐車場からは階段があって5分程で第二展望台へ。途中T字の分岐点がありますが、左に曲がれば第二展望台です。そこから5〜10分程さらに歩くと第一展望台があります。


■その他
近くにトイレはありません。駐車場に着くまでに一つトイレがありますので、先にすませてしまいましょう。

稀にですが、熊の目撃情報もあるようで、私が行った時に駐車場まで車で来る時に熊を見たという話をしていた方もいました。
鈴や、複数の人と話ながら行くことをオススメします。




Fujisan-Misakatoge1011-3469


■写真の解説
天下茶屋の前の県道沿いから、このような感じで撮影できます。
道路沿いなのに恐るべき展望の良さ。
手前の湖は河口湖です。夜は河口湖周辺の夜景が綺麗に写り、富士山のシルエットと美しい共演がされるようです。

■アクセス
河口湖の東側を走る国道137号線を北上、2つトンネルを抜けて大きなカーブを描く山道に入った後、3つめのトンネルの手前にある県道708号線に右折。くねくねした山道をのぼっていくとトンネル手前の右手に天下茶屋が見えます。その前の道が撮影スポットとなります。

■その他
トイレは天下茶屋の横にありますが、使用できるのは9:00〜日没までとなります。




Fujisan-Asagiri1018-4019


■写真の解説
本栖湖沿いの道から本栖湖と富士山を一緒に撮影。
道路脇に駐車スペースがちょこちょこあるので、フォトドライブしながら周辺を観ることができます。
1000円札に印刷されている富士山のロケ地になっています。
きちんと1000円札と同じ構図の場所は展望スペースが設けられていますので、ぜひご覧ください。

■アクセス
河口湖インターからは国道139号線(富士パノラマライン)を右折。
精進湖をこえて国道300号線に入って道なりです。



番外編

■トヨタ アクアCM 富士山芝桜編

テレビでふとこのCMが流れた時は驚いたなぁ。何にってBGMがFFのPreludeだったことなんですけどね。映像も綺麗ですね。四季の表情を楽しめるところだと思いますので、富士山は通いたいところの一つです。
ピアニストはニコニコ動画で人気のまらしぃさんだそうです。
marasy piano world 【初回盤封入特典「千本桜」ピアノ譜、2015ライブチケット先行予約フライヤー】
さてCMのBGMであるPrelude、このアルバムに収録されているそうなんですが、一曲のために2000円以上の出費はなぁ・・・^^;

このページのトップヘ