Y-14 写真撮影紀

■使用機材 Nikon D750 Nikon D7000 ■被写体 メイン:東京都の風景・建物 サブ:東海・関東地方の風景など アドバイス・コメント・相互リンク・トラックバック大歓迎です。 このブログの写真を無断で二次使用、転載することは禁止です。使用したい場合は連絡をください^^/

タグ:墨田区

いよいよ隅田川の花火が行われる一週間前となりました!
第一会場は約9500発
第二会場は約10500発

合計20000発という大規模な花火大会です。

花火大会の人気ランキングでも毎年上位に上がってくるほどの
超有名花火なので来場者数も90万人ほどと、ものすごい数です。

とはいえ、会場自体が結構広いんで、来場者数の割には混雑していないかな?とも思えます。



花火打上げ実施会場

花火の打上げ実施会場は

第一会場 桜橋下流 ~ 言問橋上流
第二会場 駒形橋下流 ~ 厩橋上流

隅田川の会場付近の地図です。

第一会場


第二会場



場所取り

場所取りは会場付近は13:00過ぎにはかなりの人で埋まっていました。

そこで、言問橋より、もう少し北上して白鬚橋の近くまでいくことに。
このあたりは高架線の下から花火を眺めることができます。
第二会場まではやや距離があるので花火は小さそうですが、第一会場からはめちゃくちゃ遠いという感じでもありません。

わりと空いているところもあるので、このあたりは穴場として良さそうですね。



現場付近の様子はこんな感じです。
shirahige


さて、ここで撮ろうかと思ってましたが、突如スカイツリーと絡めたくなり、さらに北上。

来た場所はここ!汐入公園です。


ここはスカイツリーも見えるし、白鬚橋も見えるし、ある程度高さもあって手前にフェンスとかいう邪魔者はないし、期待できそうな場所です。
25


ちなみに自転車で来てたんですが、16:30に臨時駐輪場が開くらしく、自転車をそっちに移動してくださいと警備員から言われました。駐輪場は無料です。
そのまま北上して461号線の橋の手前を西に曲がったところにありました。距離的には場所取りした場所から2-300mですね。


花火の様子


で、実際上がった時の写真はこちら。
Sumidagawa0726-9251

D7000 TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B003)
焦点距離50mm 12秒 F14 ISO100

花火が小さい><
スカイツリーがでかいというのもあるわけですがw
ちょうど花火とスカイツリーまでの距離が同じぐらいなので
花火がどのくらいの大きさなのか、どのくらいの高さまで上がっているのか
よくわかって面白いところです。

第二会場の花火はここからではほとんど見えません。

迫力のある絵は撮れませんでしたが、
スカイツリーとその横に咲く一輪の花みたいな情緒がある感じになりました。


会場はゴミ箱が全くないんで、自分で出したゴミは持ち帰って処分する必要があります。

大雪の日に東京スカイツリーに併設する東京ソラマチに行ってきました。
上から見た無彩色の東京の街並が印象的でした。

「東京ソラマチ」は東京スカイツリーのふもとに建つ300以上の様々な店舗が入る大型商業施設です。
レストランや雑貨・お土産・ビール専門店など種類も豊富です。
30F 31Fはレストランや展望台があり、下町や東京スカイツリーを真近に見ることができます。
この日は大雪だったため、あまり遠くまで見渡すことができませんでしたが、真っ白になった下町を望むことができました。無料で行けるので、気軽に立ち寄ることができます。

隣の東京スカイツリーは2012年5月に電波塔、観光施設として開業しました。都心に200m級のビルが増えたことによって東京タワーからの電波がうまく送受信できないなどの弊害が出てきているために、新しく高い電波等が必要だということで作られたタワーです。
高さは634mで世界一の高さを誇る自立鉄塔です。
構想当時は世界一高い建造物になる予定でしたが、高さを非公開で計画を進めていたドバイのブルジュ・ハリファが828mで完成し、残念ながら世界一の建造物になることはありませんでした。
それでも生で見てみるとやはり圧倒的な高さを誇る建造物です。

東京ソラマチと合わせて周辺施設をまとめて「東京スカイツリータウン」とよばれています。

02_08-1_0208
2月上旬撮影 東京都墨田区・東京ソラマチ
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
東京ソラマチの展望台から望む、東京スカイツリーです。
真近で見るとものすごい高さです。時折吹雪きのような状態になります。
ビル風の影響も非常に強いかと思います。

02_08-2_0208
2月上旬撮影 東京都墨田区・東京ソラマチ
D7000 TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B003)
建物一つ一つがまるで模型のようになっています。
天候が悪いので色がくすんでいますが、快晴の時にこれぐらい雪が積もっていれば絶景だったでしょうね。

02_08-3_0208
2月上旬撮影 東京都墨田区・東京ソラマチ
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
大雪が降る東京の街をしばらくぼんやりと眺めていると、突然スカイツリーのふもとに大きな「SNOW」の文字が描かれていきました。

スカイツリーの上の部分が雲に隠れたり出てきたり忙しそうでした。
これだけ近いと広角レンズを使っても上から下まで綺麗には収まらないですね。縦撮りにすればすっぽりといくのですが、色々別なものも入ってくるので、やめました^^;

次回の更新は2015年2月9日(月)です。


東京スカイツリーの撮影ポイントをひたすらメモっていきます。
地図と、良さそうな撮影条件を記述していくので、撮影の際の参考にしてください。
基本的には街のエリア別に撮影スポットを紹介しています。

下見も含めてるんで、納得のいく写真が撮れたらそこの写真は随時差し替えていきます。

あ、撮りにいったついでに寄った飲食店や周辺の紹介もちょっとだけ入るかと思います(笑)


■浅草・蔵前エリア 概要
東京メトロ・都営地下鉄・東武鉄道の浅草駅が最寄駅となります。
近くには東京スカイツリーだけではなく、雷門や、浅草寺、仲見世商店街、花やしき等々、他の撮影スポット、観光地も盛りだくさんです。
東京スカイツリーは隅田川をはさんで東側にあるため、早朝は「朝焼けとスカイツリーのシルエット」、午後は「順光」、夕方は赤く染まった東京スカイツリーを撮影できます。

■浅草エリアの撮影スポット
・吾妻橋(あづまばし)
・浅草寺(せんそうじ)
・花やしき
・松屋デパート屋上
・区立隅田公園

<吾妻橋(あづまばし)> マップを見る
Tokyoskytree1221-0979
Tokyoskytree1221-0974
東京スカイツリー、隅田川、キリンビールのアレをセットで撮れるスポットです。
浅草駅から非常に近く(徒歩2-3分)アクセスしやすいところです。



<駒形橋(こまがたはし)> マップを見る
Tokyoskytree1221-0946
吾妻橋から南へ200mほど進んだ場所で、水色のアーチ状の橋なのですぐわかるかと思われます。
浅草駅から徒歩5-10分ほどで到着します。
東京スカイツリーと屋形船をセットで撮ることができます。



<浅草寺(せんそうじ)> マップを見る
Tokyoskytree1221-1002
浅草寺の五重塔と東京スカイツリーを絡めてみました。
ここは春先には桜もいれて撮れそうですね。
浅草駅から徒歩5-10分ほどです。



<花やしき> マップを見る
Tokyoskytree1221-1014
残念ながら花やしきの外側からはうまく東京スカイツリーを入れて撮れる場所はほとんどありませんでした。入園料を払って中に行けばなんとかなりそう?要調査といったところですね。
浅草駅から徒歩5-10分です。



<松屋デパート屋上> マップを見る
Tokyoskytree1221-1031
Tokyoskytree1221-1040
松屋デパートの屋上からの眺めです。
昼間よりも夜のほうが雰囲気はいいかもしれません。
浅草駅と一体化しているのでアクセスは非常に良いです。



<区立隅田公園> マップを見る
Tokyoskytree1221-0705
東京スカイツリーと東武線と隅田川を絡めて撮影しました。
うーん東京スカイツリーは縦撮りのほうが雰囲気出るかな?
ここから見ると近いように見えますが、結構遠いんですよねぇ。
さすがに高さが634mもあると距離感覚がくるいますね。
浅草駅から徒歩5-10分ほどです。

 


■本所 概要
押上、錦糸町のちょうど中間ぐらいに位置しています。
東京スカイツリーの南西側のエリアなので、午後は比較的順光で撮れるエリアかと思われます。


■本所撮影スポット
・春日通沿いの公園

<春日通沿いの公園> マップを見る
Tokyoskytree1221-0939
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
ここの公園は、桜の季節に期待できそうです。
ちょっと公共交通機関からのアクセスが悪いのが難点ですね。
・錦糸町駅から徒歩20-30分
・押上駅・とうきょうスカイツリー駅から徒歩15-20分
・本所吾妻橋駅から徒歩10-15分
と、それぞれの駅のちょうど中間ぐらいに位置しています。



■業平 概要
東京スカイツリーの南東のエリアですね。
午前中は順光で撮れるかと思います。

■業平撮影スポット
・タワービュー通り

<タワービュー通り> マップを見る
Tokyoskytree1221-0934
Tokyoskytree1221-0928
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
浅草通りから曲がるとタワービュー通りに入るとこのように、真っすぐな道があります。
1.5kmほど南へ歩いていくと錦糸町駅にいけます。
写真は途中の業平小学校付近から東京スカイツリー方面を見て撮影。
押上駅から徒歩10分ほどです。



■墨田区役所〜押上エリア 概要
このあたりは東京スカイツリーが真近にあるということで、縦撮りの構図でないと、全貌はまともに撮れないエリアになってきます。広角レンズがあれば横撮りでもなんとか全貌を入れることは可能ですね。
北十間川にかかる十間橋は逆さ東京スカイツリーが見れる場所として、とても人気のスポットです!
おすすめはツツジが川沿いに咲く4月頃で、風のない日です。風があるとさざ波がたってしまい、綺麗に反射しないので要注意ですね。


■墨田区役所〜押上エリア撮影スポット
・東京スカイツリーの東側
・検車区の近く
・京成押上線踏切付近
・押上周辺の通学路・路地
・歩道橋
・十間橋(じゅっけんばし)
・西十間橋(にしじゅっけんばし)
・京成橋
・東京スカイツリーの真下
・東京スカイツリー駅
・小梅橋

<東京スカイツリーの東側> マップを見る
Tokyoskytree1221-0910
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
東京スカイツリー東にちょっと整備された高台があります。
東武線と東京スカイツリーを絡めて撮影できます。

<検車区の近く> マップを見る
Tokyoskytree1221-0893
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
京成線の踏切の近くにある道路の奥に堂々と東京スカイツリーがそびえ立っています。

<京成押上線踏切付近> マップを見る
Tokyoskytree1221-0890
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
歩いていると突如踏み切りが目の前にあらわれたので驚きです。
電車と絡めやすく、絵になりやすいのですが、撮影に夢中になりすぎて踏切内に入ったり危険なことをしてしまわないように要注意です。

<押上周辺の通学路・路地>
Tokyoskytree1221-0867
Tokyoskytree1221-0875
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
上の写真は学校が近いのか、通学路になっていました。
毎日東京スカイツリーを見ながら通学とはどんな心境なのでしょうか。やっぱり慣れてくるんですかね?通学路ということなので子供の目線で撮影してみました。
下は路地です。このあたりはこのように普通の住宅街から東京スカイツリーがにょきっと生えていて面白いですね。

<歩道橋> マップを見る
Tokyoskytree1221-0864
Tokyoskytree1221-0841
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
東京スカイツリーから少し、東のほうに歩いて十間橋をこえていくのですが、ここの歩道橋からの眺めはなかなか見応えがあります。
水面への反射もわりと綺麗に見る事ができます。

<十間橋(じゅっけんばし)> マップを見る
Tokyoskytree1221-0839
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
水面に反射する東京スカイツリーが撮影できることで有名な撮影スポットです。
標準レンズでも広角側でなんとか全貌がおさめられそうです。

<西十間橋(にしじゅっけんばし)> マップを見る
Tokyoskytree1221-0834
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
水面に反射するスカイツリーが撮れるということで有名な撮影スポットですね。
広角レンズでないと東京スカイツリーと反射全てをいれることはできません。

<京成橋> マップを見る
Tokyoskytree1221-0822
Tokyoskytree1221-0831
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
東京メトロ・東武の押上駅を出てすぐのところにある橋です。
超広角レンズでないと全貌を入れるのは難しそうです。
下の写真は近くの道路にドラム缶が置いてあったので、そこにたまった水で反射を楽しめないかと撮った一枚です。

<東京スカイツリーの真下> マップを見る
Tokyoskytree1221-0810
Tokyoskytree1221-0805
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
東京スカイツリーの真下です。いくら超広角レンズといえどほぼ真上を向かなければ、スカイツリーは入り切りません。皆、上を向いて記念写真を撮っています。少し前に東京スカイツリーを撮る人を撮った写真集が話題になりましたね。

<東京スカイツリー駅> マップを見る
Tokyoskytree1221-0802
D7000 SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
東武線と絡めて東京スカイツリーを撮影することができます。



<小梅橋(こうめはし)> マップを見る
Tokyoskytree1221-0793
Tokyoskytree1221-0783
Tokyoskytree1221-0782
小梅橋からは日常に溶け込んだ、東京スカイツリーとその反射が見られます。
記念写真を撮影するには少々生活感がありすぎる場所かもしれないですね。

このページのトップヘ