Y-14 写真撮影紀

■使用機材 Nikon D750 Nikon D7000 ■被写体 メイン:東京都の風景・建物 サブ:東海・関東地方の風景など アドバイス・コメント・相互リンク・トラックバック大歓迎です。 このブログの写真を無断で二次使用、転載することは禁止です。使用したい場合は連絡をください^^/

タグ:花火大会

去年は花火大会に行きまくっていたため、今年のこの時期は花火関連の記事ばかりです(笑)
今回の花火大会は栃木県小山市で行われる、小山サマーフェスティバルです。

打上げ時間は19:00〜20:45
1時間45分の間に20000発の花火が打ち上がり、
尺玉の連続打上げや、千輪菊などといった花火が見所です。


花火打上げ実施会場・場所取り

花火の打上げ会場は思川沿いにあります。
小山駅から徒歩10分ほどとかなり近いところにあるのでアクセスは比較的良好です。



都内からだと上野から宇都宮線で宇都宮方面に乗車し、小山で降ります。
18:00頃に到着しましたが、撮影とか一人で行くなら場所取りは可能ですが、
複数でわいわい見に行くとなるとすでに席がとられていてありません。

10394834_682681555152881_7092260168653829209_n
今回は堤防の斜面の一番下付近に水たまりがあったため、
水たまりの前に陣取りをしました。花火と観客の反射を狙うためです。

帰りも駅の途中までの道は混雑しますが、駅までの道が一本で広いため、そこに出ると混雑はだいぶ解消されます。最後に駅舎に入るところで再び混雑します。
電車内自体はそれほど混まず、さいたま付近まで行くと車内は比較的ゆったりとしています。

都内からはやや距離があるものの、わりと楽にいけるイメージの花火大会でした。


花火の様子

実際に上がった花火の様子はこんな感じです。
Oyama-9532
なかなか綺麗に映り込んでいます。
水たまりの中に立っている二人もいい感じ^_^

Oyama-9616

Oyama-9618

もうちょっとワイドで見れたら最高だったんですけどね。

Oyama-9796

後半になるとだんだん水たまりの水が少なくなってきていました。
意外と水たまりの中に突っ込んでくる人が多いのでレンズを濡らされないように警戒が必要です。

フィナーレの演出は盛り上がり方がすごく良かったです。
連続する千輪菊はもう感動的ですね。
途中で風向きが変わり、最後は煙だらけで最後はほとんど見えなかったのが唯一心残りでした。

今年の小山の花火にも期待です。

いよいよ隅田川の花火が行われる一週間前となりました!
第一会場は約9500発
第二会場は約10500発

合計20000発という大規模な花火大会です。

花火大会の人気ランキングでも毎年上位に上がってくるほどの
超有名花火なので来場者数も90万人ほどと、ものすごい数です。

とはいえ、会場自体が結構広いんで、来場者数の割には混雑していないかな?とも思えます。



花火打上げ実施会場

花火の打上げ実施会場は

第一会場 桜橋下流 ~ 言問橋上流
第二会場 駒形橋下流 ~ 厩橋上流

隅田川の会場付近の地図です。

第一会場


第二会場



場所取り

場所取りは会場付近は13:00過ぎにはかなりの人で埋まっていました。

そこで、言問橋より、もう少し北上して白鬚橋の近くまでいくことに。
このあたりは高架線の下から花火を眺めることができます。
第二会場まではやや距離があるので花火は小さそうですが、第一会場からはめちゃくちゃ遠いという感じでもありません。

わりと空いているところもあるので、このあたりは穴場として良さそうですね。



現場付近の様子はこんな感じです。
shirahige


さて、ここで撮ろうかと思ってましたが、突如スカイツリーと絡めたくなり、さらに北上。

来た場所はここ!汐入公園です。


ここはスカイツリーも見えるし、白鬚橋も見えるし、ある程度高さもあって手前にフェンスとかいう邪魔者はないし、期待できそうな場所です。
25


ちなみに自転車で来てたんですが、16:30に臨時駐輪場が開くらしく、自転車をそっちに移動してくださいと警備員から言われました。駐輪場は無料です。
そのまま北上して461号線の橋の手前を西に曲がったところにありました。距離的には場所取りした場所から2-300mですね。


花火の様子


で、実際上がった時の写真はこちら。
Sumidagawa0726-9251

D7000 TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B003)
焦点距離50mm 12秒 F14 ISO100

花火が小さい><
スカイツリーがでかいというのもあるわけですがw
ちょうど花火とスカイツリーまでの距離が同じぐらいなので
花火がどのくらいの大きさなのか、どのくらいの高さまで上がっているのか
よくわかって面白いところです。

第二会場の花火はここからではほとんど見えません。

迫力のある絵は撮れませんでしたが、
スカイツリーとその横に咲く一輪の花みたいな情緒がある感じになりました。


会場はゴミ箱が全くないんで、自分で出したゴミは持ち帰って処分する必要があります。

足立の花火の開催日が近づいてきたので、更新します。

概要

日時:2014年7月19日(土) 19:30~20:30
会場:東京都足立区千住大川町・荒川河川敷
最寄駅:JR・地下鉄「北千住駅」 東武スカイツリーライン「梅島駅」 徒歩15分程度 当日規制あり
駐車場:なし
人出:61万人


花火打上げ実施会場

打上げ実施会場の地図です。



場所取り

最寄の北千住駅についたのは18:00すぎでしたが、なんせゲリラ豪雨が断続的に続いたので途中雨宿りをしたりして、時間をかけていきました。

北千住の西口から出て、国道4号線を北方向に右折。
千住新橋南詰の交差点のあたりから歩行者通行の規制がかかります。

今回、打上げ場所の対岸の河川敷グラウンドから撮ろうとしていたので、千住新橋を渡る必要があるのですが、規制がかかったまま人ごみにまぎれていくと橋を渡れなくなります。
橋を渡るためには足立区立図書館の隣の階段から上っていかなければいけません。

千住新橋を渡ると高架下を通って河川敷グラウンドを目指すのですが、こちらも規制がかかって時間がたてばたつほど土手に上がれなくなるというサドンデス方式です。
行き場を失った人達がどんどんあふれてくるので、19:30すぎの川田橋の交差点は大混雑でまともに動きがとれませんでした。
大混雑の中、雨の中、ゆっくりと土手への階段をのぼっていきます。一人こけたら全員巻き添えを喰らうというなかなかデンジャラスな状況で、戦の時に上にいるものが有利ということがよくわかる珍しい体験ができます。

土手に上がったのは19:45ごろでした。200mほど西に歩いていくと、意外にもスペースはあいています。これはかなり良い場所です。



花火の様子

迫力のある写真を撮りたいと思っていた自分にとってこの花火大会は最高のロケーションでした。
ほどよい距離と、ワイドに上がる花火。ほんとついでのレベルで奥のほうにぽつんと見えるスカイツリー笑
風もそこそこ吹いていて煙がいい具合にながされていきます。

花火がはじまるまでは雨が降っていましたが、花火がはじまってからはピタリとやんでくれました。

adachi0719-8293
D7000 SIGMA 10-20mm F4-5.6 DC HSM
3.6秒 F16 ISO100 焦点距離13mm

帰りは北千住駅はかなりの混雑が予測されたので梅島駅から帰りました。
もう一つ奥の西新井からだと座って帰れそうです。ちょっと遠くなりますけどね。


このページのトップヘ